HOME > 会則

整形外科リハビリテーション学会 京滋支部 定款
 
第1章 総則
第1条 名称
本会は、整形外科リハビリテーション学会京滋支部と称する。
第2条 事務局
本会の事務局は、運営会議での議決によって定めるところに置く。
第2章 目的及び事業
第3条 目的
本会の目的は、整形外科リハビリテーション学会に準ずる。すなわち、整形外科リハビリテーションに関する科学的原理の蓄積、技術の研鑽及び向上に努め、もって理学療法学、作業療法学の発展に寄与することを目的とする。
第4条 事業
  本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
1)定例会(レクチャー・実技指導・症例検討)、技術講習会、講演会等の開催。
2)整形外科リハビリテーション学会との連絡及び連携。
3)内外の関連学術団体との連絡及び提携。
4)その他、前条の目的を達成するために必要な事業。
第5条 事業年度
 事業年度は整形外科リハビリテーション学会に準じて行う。
第3章 参加者及び参加費
第6条 参加者
  本会の参加者は、整形外科リハビリテーションに関与する京都府及び滋賀県とその周辺地域の医療従事者をもって組織する。
第7条 参加費
  本会の参加費については以下に定める。
1)定例会において、参加者は定められた参加費を支払う。
2)技術講習会、講演会においては、設定された金額を参加費として支払う。
3)参加費は、会場整理費、備品の購入など運営に必要な費用に充てる。また、整形外科リハビリテーション学会との連絡及び連携のための旅費等に充てる。
第4章 役員と組織
第8条 役員
本会に次の役員を置く。
1)世話人 2名
2)世話人代行 1名
3)運営役員 5名程度
第9条 役員の選任と任期
 各役員の選任と任期については以下に定める。
1)世話人は、整形外科リハビリテーション学会の正会員の中から理事会の議を経て代表理事より委嘱された評議員が兼任する。
2)世話人代行、運営役員は、世話人の指名により決定する。
3)役員の任期は2年間とする。ただし再任は妨げない。
第10条 役員の職務
  本会役員の職務については以下に定める。
1)世話人は本会を代表し、会務を総括する。
2)世話人代行は世話人と共に会務の執行を補佐する。世話人が会務を総括できない状態にあるときは、会務の執行を代行する。
3)運営役員は本会の庶務、財務、渉外、学術等を執行する。
4)定例会の講師は主として世話人、世話人代行、運営役員、近畿2府4県在籍の本学会会員が行う。
5)顧問は本会の目的に賛同する医師で、必要に応じ会務に関して助言する。選任に あたっては、運営会議で審議し、本人の承諾を持って決定する。
第11条 役員報酬
  本会役員の定例会運営の職務に対する報酬は無償とする。
第5章 会議
第12条 運営会議
  運営会議については以下に定める。
1)運営会議は世話人が必要と判断した場合に開催されるものとする。
2)運営会議の議長は世話人が務める。
3)運営会議の参加者は、世話人、世話人代行、運営役員とする。
4)運営会議では以下の事項について審議する。
①役員の選出。
②事業計画・報告、予算・決算、各回の講師に関する事項。
③定款の変更。
④その他必要とされる事項。
本会は整形外科リハビリテーション学会の方針に沿って運営する。
第6章 会計
第13条 経費の支弁
  経費の支弁については以下に定める。
1)収入および支出は、世話人またはその代行を任じられた運営役員が管理する。
2)収入は主として整形外科リハビリテーション学会の非会員からの定例会参加費、技術講習会・講演会の参加費に伴って生じるものとする。
3)世話人、世話人代行、運営役員が整形外科リハビリテーション学会へ参加する場合の旅費等に支出する。
4)講師を整形外科リハビリテーション学会の会員外に依頼した場合、講師に対して内容や時間に応じた謝礼および距離に応じた交通費を支払う。
5)非営利目的の団体として、収益は本会の運営のために支出する。
 
細則
第1章 代表世話人および事務局
第1条 代表世話人
本会の代表世話人は小野志操とする。
第2条
本会の事務局は、京都下鴨病院 理学療法部に置く。
  (所在地)  〒606-8444 京都府京都市左京区下鴨東森ヶ前町17番地
第2章 会費
整形外科リハビリテーション学会の正会員を会員とし、定例会参加費は会員無料、非会員500円とする。技術講習会、講演会は、参加費を別途徴収する。
第3章 勉強会の開催頻度・日時
定例会は年間10回程度開催する。技術講習会、講演会は、年間1~2回程度で開催する。ただし開催日は、整形外科リハビリテーション学会及び関連学会と重ならないようにする。
第4章 勉強会の開催場所
定例会は主に京都下鴨病院および生田病院にて開催する。技術講習会や講演会は内容や規模に応じた会場を選定する。
第5章 会計及び会計監査
会計及び会計監査を各1名選出し、会計監査は年に1回実施し報告する。
 
附則 本定款は2010年3月1日より実施する。